読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーママのライフハック

仕事も子育ても自分のこともこなしたいママたちのための情報ブログです。

髪が絡まない!大人も子供も使えるタングルティーザー

スポンサーリンク

こんばんは、すずらんです。

乾燥する季節は髪がパサついて困りますね。

逆に湿気の多い季節には広がって爆発したり…。

髪の扱いには昔から悩まされていました。

でも私は、ここ半年ほど、髪のお手入れで自分に合ったアイテムが見つかったので、かなり楽になりました。

私のお気に入りアイテムとは

  1. タングルティーザー
  2. マニス ストレートヘアマスク
  3. パナソニック ナノケア

setsuyakubijin.hatenablog.com

setsuyakubijin.hatenablog.com

この3つを使うようになってから、髪が広がったり、うねりが出たりすることが、軽減されました。

まだまだ毎日調子が良いわけではありませんが、朝の忙しいときに、髪を濡らしてまでセットしなければならないことはほぼありません。

今回はそのなかの、タングルティーザーを紹介したいと思います。

タングルティーザーとは?

聞きなれない単語ですね。なかなか覚えにくくもありますが、タングルティーザーはヘアブラシの商品名なんです。

見た目はこんな感じ。 

f:id:maderinorange-miku:20170119214000j:plain

ブラシの持ち手がついていないんです。

私が持っているのは携帯用の、『コンパクトスタイラー』というもの。

コンパクトスタイラーは、持ち歩けるようにカバーがついています。

f:id:maderinorange-miku:20170119214030j:plain

もっと近づくとこんな感じ。

f:id:maderinorange-miku:20170119214053j:plain

 短い部分と長い部分があるのがわかりますか?

これがタングルティーザーの特徴で、髪をからみにくくするための工夫となっています。

髪と頭皮を同時にお手入れできる

 ブラシは短めで固いですが、美容室で髪が多いと言われる私でも、しっかり頭皮まで届きます。

マッサージをしつつ、ブラッシングもできるという感じです。

持ち手がないと使いにくいのでは?と思いますよね。

携帯用のコンパクトスタイラーは、手のひらに収まるサイズなので、特に使いにくいとは思いません。

外から梳かすときは頭皮にあてて梳きますし、内側から梳かすときも、外に逆の手のひらを添えれば、問題なく使えます。

初めて使ったときは、梳かしてすぐに髪がサラサラになったのがわかりました。

面が多く、ブラシが密集しているため、一気に梳かせるような気がします。

無理に引っ張らなくても、絡んだ髪がほどけるのが魅力です。

絡みやすくて困っている方も、髪を傷めることなくブラッシングができます。

梳かしたあとに髪をなでると、ツルっとした触感を実感できますし、キューティクルが逆立っているようなざらつきは感じなくなりました。

携帯用以外にもラインナップが

タングルティーザーには、コンパクトスタイラーの他、

  • ザ・オリジナル(初めての人向け)
  • サロンエリート(ヘアサロン向け、ザ・オリジナルよりも一回り大きい)
  • マジックフラワーポット(子供向け、ヘアアクセを入れられる収納ケース付き)
  • アクアスプラッシュ(立てて乾かせるので衛生的)
  • ブロースタイリング(持ち手つきのブロー用ブラシ)

などのラインナップがあります。

私がコンパクトスタイラーを選んだ理由は、気に入ったカラーがコンパクトスタイラーにしかなかったから。ただそれだけです。

外国の製品のため、全体的に奇抜な色が多く、好みは分かれるだろうと思います。

また、コンパクトスタイラーには、コラボデザインのものが多く、

のデザインのものもあって可愛いんです。

ザ・オリジナルも試してみたいのですが、好きなカラーがないと購入意欲がわきませんね…。

購入できるのは公式サイトやロフトでも

近所のロフトで取り扱いがあったので見てきました。

やっぱり色が奇抜。

ロフトにはすべての取り扱いがあるわけではないので、たくさんの中から選びたいのなら、公式サイトからの購入が良いですね。

TANGLE TEEZER JAPAN

setsuyakubijin.hatenablog.com