読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーママのライフハック

仕事も子育ても自分のこともこなしたいママたちのための情報ブログです。

雨の日の送り迎えに。自転車用レインカバーとレインコート

スポンサーリンク

f:id:maderinorange-miku:20170130220613p:plain

こんばんは、すずらんです。

まだ小さい子どもをお持ちの方は、保育園や幼稚園の送迎が必要ですよね。

うちは上の年中さんは、幼稚園バスで通っていて、帰りだけ迎えに行きます。

下の子は保育園児なので、送りも迎えも自分で行かないといけません。

自転車で20分の距離なので、雨の日は大変。

雨が降る日は、自転車のレインカバーを使っています。

 

私が使っているのは、この商品と全く同じものです。

乗っている自転車がギュットアニーズの深い緑で、落ち着いていて気に入っているので、外観を損ねない色のカバーを探して、これ(ブラウン)に決めました。

カバーは使わないときはケースにしまえば小さくなるので、保育園リュックの中に入れています。

(ギュットアニーズはこういう自転車です。かっこよくてお気に入り♪)

急な大雨に降られても、カバーの中の子どもは全く濡れず!

さすべえで傘を差していた私は、ダウンの中までずぶぬれでした…。

今の季節、風よけのためにこのカバーをして、ブランケットを中に仕込むと、あったかくて寝てしまうぐらい快適だそうです。

夏場は熱がこもりやすいので注意

説明書にも書かれているのですが、夏の暑い日には、つけっぱなしだと熱中症の危険があるので、使用を控える方が良いそうです。

雨が降った時に短時間なら大丈夫だと思いますが、排気ガスなどから守るために年中毎日使っている人もいるので、そういう場合には、子どもの様子を見ながら、注意して使う必要があります。

撥水性に優れたレインコート

傘もレインコートも、使っているうちに徐々に防水性が薄れてくるのをご存知ですか?

うちの子どものレインコートも、お下がりして何年も使っていたら、雨が染みて普通の服と変わらないようになってしまいました…。

kiuのレインコートは、防水性に優れ、水滴を手で撫でるように払うと、綺麗に流れ落ちて染み込んできません。

たたんでくるっとポケットにしまえば、携帯しやすいサイズになり、カラビナ付きなのでカバンに引っ掛けておけます。

私も急な雨に備えて、常にリュックにつけています。

ファスナーも止水ファスナーになっているため、雨が中に入ってこない仕様になっています。

フードをかぶらないと首元から雨が入ってきます…。

私が使っているkiuのレインコートは黒なので、フードをかぶるとなんだか怪しい…。

なのでいつもかぶらないのですが、首元から雨が入ってきて背中まで冷たいです。

完全に私の使い方が悪いのが問題なんですが、フードをかぶってもOKなデザインのものを選べばよかったと思っています。

可愛い柄のポンチョタイプもあります。

個性的なデザインから、可愛いイメージのデザインまでたくさん。

キッズサイズも販売されています。

ポンチョタイプだとサイズの融通が利くので、長く使えて経済的ですね。