読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーママのライフハック

仕事も子育ても自分のこともこなしたいママたちのための情報ブログです。

購入したシャトルシェフとウィンザーポットでカレーを作りました。

おすすめ商品 節約
スポンサーリンク

こんばんは、すずらんです。

シャトルシェフでカレーを作って、ル・クルーゼウィンザーポットでご飯を炊きました。

f:id:maderinorange-miku:20170211210855j:plain

高さがある鍋での炊飯は初めてでしたが、うまく炊けました!

お米2合に対して水が380ml。

30分ほど浸水してから炊き始めます。

沸騰させるまでは中火で、そのあとは弱火で10分ちょっと。

私はだいたい、音やにおいで炊きあがりを判断します。

プツプツ言うような音が鳴ったり、少し焦げっぽいにおいがすれば火を止めて、30分ほど蒸らしたら完成。

カレーは、お肉をフライパンで炒めている間に野菜をこの鍋で煮込みます。

お肉に火が通ったら一緒に入れて、沸騰してからは5分程度で火にかけるのをやめてOK。

保温容器にセットして30分ほど待てば完成。

ルーはその後に入れて、もう一度火にかけます。

できあがってすぐには食べなかったので、もう一度保温容器に入れましたが、ホカホカでジャガイモも崩れるぐらいちゃんと柔らかくなっています。

f:id:maderinorange-miku:20170211211129j:plain

カレーが少なめなのは、子ども用と大人用で分けたので、私の分はルーを入れる前に別の鍋に入れ替えました。

このシャトルシェフ、お玉を入れて蓋をすると、少し隙間ができますが、それでもあったかかったです。

f:id:maderinorange-miku:20170211211023j:plain

鍋敷きがいらないって使いやすいなぁと思ったり。

f:id:maderinorange-miku:20170211210936j:plain

シャトルシェフの保温性の高さは、保温容器よりも内蓋のおかげだと思っています。

お玉を入れずに閉めるときっちり閉まるので、開けるたびに水滴がいっぱい出ます。

中の熱を逃がさない秘訣はここにあるのかなぁと使っていて感じました。(夏場は腐らせないように気を付けないと。)

外側の保温容器も魔法瓶のようになっていて、温かさを保つためには絶対必要ですけどね。

シャトルシェフの鍋は焦げ付きやすいとレビューで見たのですが、少し鍋底にジャガイモがくっついていました。

火加減に注意しないといけないですね。

setsuyakubijin.hatenablog.com

setsuyakubijin.hatenablog.com