読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーママのライフハック

仕事も子育ても自分のこともこなしたいママたちのための情報ブログです。

映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』を見てきました。

スポンサーリンク

f:id:maderinorange-miku:20170413230140j:plain

こんばんは、すずらんです。

3月25日公開の仮面ライダーの映画を今日見に行ってきました。

前回冬に見た妖怪ウォッチの映画は、割と長い期間上映していたと思うので、同じように考えて油断しきっていましたが、『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』はまだ3週目だというのに、もう終わりそうな感じ。

上映は1日1回で小さいスクリーン。都市部の映画館ではもうやっていないようです…。

春休み限定だったのかな?

前売り券を無駄にするわけにはいかないので、まだ体調が万全ではありませんが行くことにしました。

入場者プレゼントのカードはもう終わってしまったようで残念。

過去の仮面ライダーやスーパー戦隊が勢ぞろい

今テレビでやっているのは、『仮面ライダーエグゼイド』(毎週日曜8:00~8:30にテレビ朝日系で放送)。

主人公は研修医で、モチーフは”ゲーム”なんですが、映画の『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』も、ゲームの世界から侵略される話でした。

私はゲームをしないので知りませんでしたが、スーパーヒーロー大戦というのは、ヒーロー同士が戦うゲームなんでしょうか?

出演していたキャラクターたちはと言うと、

  • 現在やっている仮面ライダーエグゼイド宇宙戦隊キュウレンジャーの主要キャラたち。
  • ひとつ前にやっていた動物戦隊ジュウオウジャーのジュウオウタイガー(アム)。
  • 手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年)のアオニンジャー(加藤・クラウド・八雲)。
  • 仮面ライダー電王(2007年)のモモタロス(←人間じゃない?)。
  • 獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年)のキョウリュウゴールド(空蝉丸)。
  • 仮面ライダー龍騎(2002年)の仮面ライダーゾルダ(北岡秀一)。
  • 特命戦隊ゴーバスターズ(2012年)のビートバスター(陣マサト)。

など。それ以外にも、戦闘シーンでは知っているヒーローも知らないヒーローもたくさんでてきました。

ショッカーも昔の黒いのから、最近の気持ち悪いのまで勢ぞろい。

私はキョウリュウジャーぐらいからがかろうじて見たことある程度でしたが、こんなのもいるのか~と楽しめました。

上の子(年長の男の子)は結構知っているらしく、あれは何レンジャーで、あれは仮面ライダーなんとかで、、、とか言っていました。

下の子(年少の女の子)は途中で飽きたようで、妖怪ウォッチほど食いつきませんでした。

子供向け映画は大人も楽しめる

大人に向けた演出もあり、父親はもちろん母親でも楽しめます。

ただ今回は戦闘シーンが多く、物語としてはイマイチだったかなと思います。

去年の夏に見た『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』では3回泣きました。あれは良かったです。仮面ライダースペクターと父との再会、和解、そして死。泣けました。

auビデオパスで過去の仮面ライダーがいろいろ見れますよ。(スマホ、タブレットでもOK)

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

演技派ヒーロー出身者たちの映画がもうすぐ公開

仮面ライダーやスーパー戦隊のヒーローたちはイケメン揃いですが、映画館に貼ってあったポスターにライダーやヒーロー出身者がたくさん載っているのがありました。

2017年4月29日公開の『帝一の國』です。

  • 菅田将暉(仮面ライダーW)
  • 志尊淳(烈車戦隊トッキュウジャー)
  • 竹内涼真(仮面ライダードライブ)
  • 千葉雄大(天装戦隊ゴセイジャー)

豪華ですよね。元々は漫画みたいですが、舞台化もされていたりと有名なのかな?

個人的には千葉雄大が好きなので見たいです。