読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーママのライフハック

仕事も子育ても自分のこともこなしたいママたちのための情報ブログです。

マネラップを申し込もうか迷った結果、、、見送ることにしました。

スポンサーリンク

f:id:maderinorange-miku:20170413225758j:plain

こんばんは、すずらんです。

先日マネックス証券の口座を開設し、少しばかりの投信積立と、ワン株(単元未満株)に挑戦中です。

setsuyakubijin.hatenablog.com

総合口座の開設と同時に、MSV(マネックス・セゾン・バンガード)のマネラップという投資一任口座にも申し込んでいたようで、口座開設に対するお礼のメールと、その後の手続きに関するメールが届いていました。

投資一任口座とは、その名の通り、お任せで投資先を決めてもらえるサービスで、例えば毎月いくら積立して、何年間でどれぐらいの金額にしたいのかを入力すると、そのプランが現実的かどうかや、どういった投資信託に投資するのかを判断してくれたりします。(ためる以外にたのしむプランやそなえるプランも選択できます。)

単なる投信積立と違うのは、複数の投資信託に対してバランスよく投資できるところです。

債券、株式、リートなどの割合も、個人個人に合わせたバランスで計画されます。

もちろん投資は元本保証ではないので、減る可能性もありますが、いくらを目標に運用するのか『ゴール』から決めて開始できるのが、分かりやすくて良いと思いました。

投資一任口座は手数料が高いのがネックのようですが、このマネラップと、楽天証券の楽ラップは比較的安い手数料で利用できるみたいです。

また、マネラップは月1万円からスタートできるのも気軽に試せて良さそうです。

私もやってみたいと思ったのですが、シミュレーションでいろいろ入力してみると、それなりの資金がないと良い結果が出ないように感じました。

少ない資金では増減があまりなく面白みもやりがいもありません。

月3万円程度で10年間運用できれば、そこそこ増やせる可能性も出てきましたが、うちの家計では払い続けられるのかがなんとも言えないところです。他の積立もやっていますしね。

投資にしても保険にしても、途中で辞めてしまうのが一番もったいないと思います。

無理なくできる範囲で始めないと後々困ってしまうので、とりあえず今回は見送ることにしました。

ですが、マネラップは途中で計画を変更することや、解約ではなく休止することもできるので、少し余裕が出れば試してみようかなぁと考えています。

当初月3万円で7年間(上の子が中学校に行く前まで)運用する予定を立てていましたが、10年に変更すると『期待される運用資産額』が一気に増えました。

やはり長期で運用できる余裕が必要ですね。